So-net無料ブログ作成
検索選択

警察は安倍より話せる? [エッセー]

「反安保」国会行動で数十年来の盛り上がり

 「戦争法案廃案!安倍政権退陣!8.30国会10万人全国100万人大行動!」という長い名前の集会に出かけた。空模様も怪しいしどうしようかという、弱い心が始めのうち、自分の内部で勝っていたが、ネットメールをチェックしているうち、どなたかの、「今日の天気は変えられません。しかし明日の政治は変えられます」という呼びかけに出会って、背中を押されたような気がしたので。

 早くも地下鉄「国会議事堂前」駅で下車したときから、構内は凄い人混みで身動きも取れない。人数の多さもさることながら、お巡りさんが意地悪して議事堂側の地上への通路に阻止線を張っていたからだ。しかし乗客の抗議に押されて、遂に突破された。議員会館前の歩道も参加者の人波でなかなか前に行けない。それでも少しずつかき分け、1時間以上かけて国会議事堂正面に出た。おお、凄い光景が!議事堂正面からお壕や警視庁に向けて緩やかに傾斜してゆく50メートル道路が参加者の人波で覆われているではないか。かなり昔の「50年安保反対闘争」以来の「解放区」が出現していた。

 勿論、警察側が人々を歩道だけに押し込めようとしたら、流血の惨事を引き起こしていたに違いない。しかし最悪の事態を避ける柔軟さが、主催者側にも警察側にもあったからこそ、実現した「解放区」だろう。この柔軟さを決して反対意見を聞かない安倍政権も学ぶべきだ。土砂降りにならず優しく降ってくれた天の配慮にも感謝した。(2015.9.3 記す)